自分でできる冷え性対策

menu

遠赤美人で冷え性&眼精疲労対策

お腹を温める

■昨日は夕方から出かけたのですが、六本木は晴れていたのに、
銀座に到着したらどしゃ降りで、目的地に着く頃には、結局、ずぶ濡れになってしまいました。

しかも会場はクーラーがきいていて、これはマズイなと思ったのですが、事なきを得ました。

■それは帰宅後、すぐに遠赤美人でお腹を温め、腹巻きをしたことで助かったような気がします。

連日の熱帯夜ですが、私は必ず腹巻きをし、靴下を履いて寝ています。

靴下は、結局、寝ている間に、いつの間にか脱いでいることが多いのですが、
腹巻きまで脱ぎ去ってしまうことは、さすがに一度もありません。

■冬の間は、寝ている間に布団を剥いでしまうことなど、まずありませんが、
逆に夏は、朝まで布団が掛かっていることはありません。

なので、長袖・長ズボン+腹巻き+靴下が威力を発揮するのです。

夏は寝冷えに注意です。

■加えて、私は布団の足下に足枕を入れて、足を高くして寝ています。

これは 挙肢法 といって、とても大事な手法です。

この時期、体調がすぐれない方に、何かしら参考になれば幸いです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30