②美肌対策にも使えます

眼精疲労には40℃で10分間でしたが、美肌のためには42℃2分間お顔を温めまmeすと、HSP(ヒートショックプロテイン)という物質が生成されまして、これがダメージを受けたお肌を修復してくれます。

温熱療法の効用のひとつは、温めることでHSPの生成が促され、細胞が修復されることにあるといいます。

ただし注意して頂きたいのは、やたらと温めれば良いというものではないということです。

高温で温めすぎたり、あまり長い時間、温めてしまうと、今度はミトコンドリアが疲弊してしまうのです。

何事も欲張らず、ほどほどが良いということです。 -続く-

◎ご注文は、コチラから。