自分でできる冷え性対策

menu

遠赤美人で冷え性&眼精疲労対策

代行ビジネス

■夏休みも終わりに近づき、新学期の初登校日ともなると、
まるで屠殺場に連行される家畜になったような気分でした。

何となれば、宿題なるものが出されてはいたものの、まともにやっていなかったりしたものですから、
休みの終了日近くになって、絵日記の今日の天気を適当にでっちあげたり、
書いている本人さえ判読不能な読書感想文を殴り書きしたりという体たらくだったからです。

■ところが、最近は宿題の代行ビジネスなるものがあるそうです。

その是非はともかく、こと健康に限って言うならば、これは代行がきかない最たるものと言えましょう。

「便秘のあなたの代わりに踏ん張って大便を出させます」とか
「痛みに転げまわっているあなたの苦しみを代行して引き受けます」
ということは、絶対にあり得ません。

健康というものは、誰も身代わりになれない、徹頭徹尾、自己責任のものです。

■時々、「あなたにとって、健康に一番、役に立っていることは何?」と、
真顔で訊いてくる人がいますが、そんなものはありません。

色々なことを知っているようだから、さぞ変わったことをしているのだろうと思う人もいるようですが、
何となく毎日を50年近く生きてきた結果、いまの自分が居るというだけの話にすぎません。

■ただ、あえて何かをあげるなら、何もない東北の田舎で育ったことが、
一番、役に立ったような気がします。

学校まで田圃道を片道40分、毎日毎日歩いたからこそ、体力的な底力が養われました。

田舎で塾も予備校もなく、いまのように情報にも恵まれず、
懇切丁寧に教わることが出来なかったからこそ、色んな事を自分で考える癖がつきました。

つまり、当方の場合に関しては、一見、不利なことが、
長い目で見ると最も役立っているような気がしております。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31