■最近また、勉強になったことがありました。

小職は幸い、花粉症の症状が無いので確かめられないのですが、うちに来ている方から聞いて、当然のことではありますが、1つ、確認できたことがありました。

小職は水溶性ビタミンに関しては、基本的にタイムリリースが宜しいと思っております。

タイムリリースというのは、日本ではあまり見かけませんが、要は時間と共に徐々に溶けていく加工が施されたサプリメントです。

タイムリリース加工されていますと、水溶性ビタミンでも、すぐに尿として出ていくということが少なくなります。

■花粉症の方で、ビタミンCのお陰か、今年は痒みが少ないと仰る人がいました。

摂取していたのは、タイムリリースのものです。

ところが、これを切らしたので、そこいらのドラッグストアで手に入る通常のビタミンCに変えたそうです。

すると、数時間おきに目が痒くなり、頻回にビタミンCを飲まずにはいられないというのです。

お気の毒ではありますが、我が意を得たりと思いました。

■小職は花粉症でないので、加工品とそうでないものの違いを体感するには至りませんでした。

しかし、症状がある方だと、違いがすぐに分かるわけです。

それをフィードバックしてくれたお陰で、ここで発表できているのです。

些細なことではありますが、色々な方の報告や協力によって、療術というのは進歩していくものだと改めて思いました。

タイムリリースのビタミンは、加工に必要な凝固剤を使っているわけですから、中には合わないという方もいるとは思います。

ですので、もし購入される場合は、最初は少量のものをお求めになることをお勧めします。

個人輸入の方法は、コチラに記してあります。