自分でできる冷え性対策

menu

遠赤美人で冷え性&眼精疲労対策

遠赤美人で膝の裏を温める ③

「壮快」の記事では、膝の裏を温めながら、
同時に腰も温めることが推奨されています。

これは先の説明から想像がつくと思いますが、
腎の急所である膝の裏(委中)を温めながら、

同時に腰部の腎・副腎を温めることで、相乗効果が期待できるからです。

遠赤美人で言うと、膝裏はスタンダードで温め、s5
腎:副腎は大判を利用するということが考えられます。

脊柱管狭窄症というのは、当方が知るかぎりでも、
決して少なくない高齢者に見られる疾患です。

間欠性跛行(かんけつせいはこう)といって、
歩いているうちに足腰が痛くなったり、
しびれが出たりして、その都度、休まないとならなくなる
というのが、特徴的な病態です。

なかなかコレといった対処法を提示できるものではないのですが、
ペットボトルにお湯を注いで膝の裏や腰を温める
という程度のことでしたら、特に費用もかかりませんから、
この疾患で苦しんでおられる方は、試してみたら宜しいと思います。

ところで、記事によると、手軽だからといっても使い捨てカイロでは
パワーが弱いため、充分な効果が得られない可能性があるとのことです。

ですので、ペットボトルや湯たんぽ、あるいは遠赤美人などを
使ってみてください。

また、低温やけどをしないよう、あまり長時間、当てないことも重要です。

詳細は、「壮快」2014年5月号をご覧ください。 -完-

◎お知らせ
膝裏にペットボトル、無料ですので大いに結構ですが、
膝の裏を温めるのにジャストミートという以外ないツールコチラ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031